0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

残業代請求労働審判事件 被申立人

事例内容 解決事例
雇用 残業代
担当した事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】約870万円
  • 【依頼後・終了時】約400万円

概要

残業代請求約800万円を請求する労働審判申立てを受けた警備業を営む中規模企業からの相談。被申立人代理人として受任。

事業内容の性質上、深夜の仮眠時間や待機時間が存在しており、その時間が休憩時間に該当するか否かが問題となった。

弁護士方針・弁護士対応

いわゆる手待ち時間として労働から解放されているかどうか等が争点となった。

争点については、仮眠時間や待機時間の実働の機会がほぼ存在していなかった事実などを指摘しつつ争う方針を取りつつ、認めざるを得ない部分を限定し、妥協できる範囲の和解を視野にいれる。

結果

約870万円の請求に対して、400万円弱の解決金の支払いにて調停が成立して解決した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます