0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

介護事業

介護業界においては、超高齢化社会を背景として、今後も市場規模が拡大していくことが予想されています。もっとも、介護事業については、他の業種と比較すると肉体的・精神的に高負荷な業務が多いともいわれ、離職率が高まりやすく、労働者の人手不足が年々深刻化しているのも現状です。

このような介護事業特有の業務環境及び人手不足を原因として、例えば、元従業員から多額の未払い時間外割増賃金を請求されたり、介護施設における巡回等が必要な場合には、深夜労働が必要となることもあり、労働基準法上の上限を超える労働時間について指摘されたり、従業員に対する疲労蓄積への配慮が必要となる等の問題が起こりやすいといえます。

弁護士に依頼をすることで、適切な残業代を算出し、従業員との和解に向けた対応等を代理人に任せることができます。

また、紛争予防の観点から、残業代の抑制のための施策に対する助言を行うほか、日々の業務での課題解決を支援することができます。

介護事業においては、残念ながら労働環境が十分に整備されているとは言いがたい状況が多々見受けられます。弁護士を入れて、労働環境を整備して離職率を下げるとともに、今後の人出不足にも対応できるような労働環境の整備を目指しませんか。

お気軽にご相談ください。

労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます