0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

残業申請をしない社員について

事例内容 相談事例
人事 採用 試用期間
その他 その他
担当した事務所 東京法律事務所

概要

弊社では、残業申請をする際には、就業規則及び実際の運用において、上長の許可を取るよう求めています。

先日、ある社員が、残業申請をしていないにもかかわらず、残業を行っていたと主張し、未払残業代を請求してきました。当該社員は、残業申請はしていないものの、タイムカード上では、退勤時刻が打刻されています。許可制は置いていたものの、弊社では当該社員が残業をしていたことを黙認していました。

このような場合、残業の許可をされていないことをもって、残業代を支払わなくてもよいものでしょうか。

弁護士方針・弁護士対応

タイムカード等の客観的な記録によって時間管理がなされている場合には、多くの裁判例において、特段の事情がない限りタイムカードの打刻時間をもって実労働時間と推定されています。

本件においては、残業をするについて許可制が置かれていたものの、社員が残業していることを会社は黙認していたとのことですので、会社の指揮命令下にあったものとして、タイムカード上の退勤時刻まで実労働時間と認定され、残業代を支払わなければならない可能性が高い旨を伝えました。

一方で、会社の明示の残業禁止命令に反する時間外労働について、会社の指揮命令下にはなかったものとして、労働時間性を否定した裁判例もあります。そのため、今後は、許可を受けないで行われている残業を禁止する運用を徹底し、従業員に当該運用を周知するようアドバイスしました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます