0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

能力を基準に雇止めを行うことができるか

事例内容 相談事例
雇用 雇止め 有期雇用
問題社員 能力不足
担当した事務所 東京法律事務所

概要

無期転換ルールに関連して、無期転換権を行使可能となる職員を限定していくために、5年を経過するまでの労働契約において、職員の能力を基準に雇止めの判断を行うことは許されるのか。

弁護士方針・弁護士対応

無期転換ルールとは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるというルールです。

この無期転換ルールの適用される労働者を限定するために、有期労働契約に更新年限や更新回数の上限を設けたり、雇止めを行うことがありますが、無期転換権発生前に行う雇止めが直ちに法律違反となるものではありません。

雇止めが有効か否かは、労働基準法19条によります。多くの場合は、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないか否か」が重要であり、能力の有無はかかる判断基準のうちの一要素とすることが可能です。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます