0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

定年退職日の考え方について、具体的にいつが最終出勤日となるのか

事例内容 相談事例
雇用 労働契約の終了 定年
担当した事務所 東京法律事務所

概要

就業規則の定年規定を確認したところ、「65歳に達するときまで」という記載になっていた。定年に該当する労働者の誕生日が8月15日の場合に、最終出勤日はいつになるのか。

弁護士方針・弁護士対応

年齢の考え方としては、「年齢計算に関する法律」によって、「初日算入」となっています。

そのため、8月15日生まれの方であれば、8月14日の満了で65歳に達することになることから、8月14日が最終出勤日として処理して差し支えありません。

※なお、定年制の最終最終出勤日は、就業規則の規定によっては、誕生日が属する日の末日や給与締め日などを基準としている場合もあるため、各社ごとに就業規則の確認が必要となります。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます