0120-630-807

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~18:30

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

ハローワークにどう回答すべきかについての相談

事例内容 相談事例
その他 その他
担当した事務所 東京法律事務所

概要

会社を退職した者が、ハローワークに対して、パワハラ等があった等述べた案件で、ハローワークからの問い合わせに対してどのように回答したらよいか相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

離職票においては、自己都合による退職と申請済みでしたが、労働者からの申告とハローワークの担当者の判断により、会社都合による退職に変更を余儀なくされる可能性があります。

まずは、元従業員の主張を端的に否定したうえで、使用者の元従業員に対する言動は、業務上必要なものであり、元従業員に対して大きな精神的負担を与えないことを説得的に伝える必要がある旨を回答しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます