初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

社内不倫及び横領が疑われる従業員を辞めさせられるか

事例内容 相談事例
雇用 普通解雇
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

事案の概要

収入不相応な生活を送っている部長職についている従業員がおり、会社からの横領が疑われるとともに、会社の事務員と不倫関係にあるという噂が立っている。部長職にあるこの従業員を辞めさせるにはどうすればよいという相談がありました。

弁護士方針・弁護士対応

最初に行うべきこととして、就業規則の解雇規定を確認して、本件従業員の行動が当てはまる解雇事由があるか確認してもらいました。不倫関係などのプライベートにかかわる事情については、たとえ社内で行われているとしても、当然に解雇事由に該当するわけではありません。具体的な業務への支障などが必要とされることが多いため、その点も併せて確認してもらうこととしました。不倫関係が原因で命令系統が乱れていたり、人事考課上の贔屓などが生じているようであれば、解雇には至らぬとも改善を命じる必要があります。 次に、当該従業員が、会社のお金を横領している場合には、解雇を強く裏付けることができる可能性がありますが、犯罪に該当するような行為であれば、的確な証拠を収集して、立証を充実させる必要があるため、金銭の流れなどを把握して裏付けとなる証拠を集めてもらうこととしました。

解決結果

相談者は、本件従業員による横領について事実調査を進め、解雇の準備をすることになりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます