初回1時間電話・来所法律相談無料
初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

労働者からの残業代請求につき700万円の減額に成功し、かつ、合意退職で解決できた事例

事例内容 解決事例
雇用 未払賃金 残業代 付加金 労働契約の終了
労働 時間外労働
安全衛生 労働審判
担当した事務所 ALG 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】およそ1000万円の未払残業代、付加金及び遅延損害金、職場復帰
  • 【依頼後・終了時】解決金300万円、合意退職

概要

依頼者は、取引先からの信頼関係の失墜など問題行動の多かった相手方を解雇させることを検討していて、一旦相手方を自宅待機命令としていました。

その矢先、相手方が依頼者に対しておよそ1000万円の未払残業代等の支払と職場への復帰を求めてきました。

最終的には労働審判にまで発展しました。

依頼者としては、適正な金額であれば残業代の支払に応じる意向がありましたが、他方で、問題行動の多さから相手方の職場復帰は避けたいと考えていました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方では、就業規則はおろか労働契約書の取り交わしも行っておらず、相手方の労働条件が明確に定まっていませんでした。

さらに、割増賃金として支給したものは過去に一度もなく、発生した時間外労働のすべてについて未払残業代が発生している状況でした。

担当弁護士は、まず、業務日報やタコメーターグラフなどを精査し、適正な金額を算出しました。

相手方を自宅待機とした点については、相手方が過去に行った問題行動を列挙の上、取引先の信用失墜など会社にとって回復し難い損害が多数発生したことを主張し、業務上必要かつ相当な範囲の行為であったと主張しました。

結果

答弁書にて上記の主張を展開した結果、第1回目の審判期日で解決金300万円の支払と合意退職を内容とする調停を成立させることができました。

300万円は解決金として決して少ない金額ではありませんが、700万円の減額に成功しております。

また、労働審判とその後の訴訟を行っていくとなれば、時間的コスト及び経済的コストは増大しますし、復帰するという結論になった場合に生じるバックペイ(未払賃金)のボリュームも膨れ上がっていくことになります。

このような状況に鑑みれば、300万円の解決金で合意退職にできるという解決内容は、これから先のことを見据えていくべき依頼者にとっては有益なものであったと考えております。実際、依頼者にもご満足頂けました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます