初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

5年程前に労災補償を受けたまま連絡が取れない従業員の解雇

事例内容 相談事例
雇用 普通解雇
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

相談内容

相手方は、5年程前に、新聞配達中に事故に遭い、左足を負傷した。相手方は、当該怪我の手術を受け、労災補償を受けた。
相手方の労災補償が継続しているのかは不明である。
依頼者は相手方と連絡をとることができなくなっている。
相手方を解雇したいがどうすればよいか。

前提となる法制度・助言内容

まず、労災補償が継続している否かが問題です。
労災補償が継続しており業務上の傷病による休職が継続しているのであれば、直ちに解雇によって労働契約を終了させることはできません。退職合意を締結するか、傷病補償年金の受給が開始していない限りは、打ち切り補償(1200日分の平均賃金)を支払ったうえで解雇しなければなりません。本件では、連絡がつかない状況では、退職合意をすることは難しいため、労災補償が継続しているようであれば、打ち切り保障の検討が必要になります。
一方で、労災補償が終了しているのであれば、本来であれば仕事に復帰できる状態にあるにもかかわらず、会社との連絡を絶っていることから、復職を命じたうえで、出勤してこないようであれば無断で欠勤していることになるため、就業規則上の解雇事由に無断欠勤などが存在するか確認したうえで、解雇することも検討に値します。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます