初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

退職後に請求された退職金を約半額に減額した事例

事例内容 解決事例
雇用 退職金
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

事案の概要

退職した従業員から退職金請求がされた事案。

弁護士方針・弁護士対応

退職金の支給要件は充足していましたが、会社が赤字のためなるべく支払額を抑える方針を採用することとしました。
依頼者の就業規則には、就業規則違反がある場合に退職金を減額することができる趣旨の定めがきちんと定められていたことから、在籍中の就業規則違反に該当する行為を調査の上、できる限り主張した上で、減額、分割交渉を行いました。

解決結果

結果として、退職金の額は、約半額に減額することができ、支払い方法についても分割で支払う内容の合意が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます