初回1時間電話・来所法律相談無料
初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

パワハラ行為を行う従業員の解雇に関するご相談

事例内容 相談事例
ハラスメント パワハラ
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

相談内容

会議で怒鳴るなどのパワハラ行為を行った従業員を解雇したい。

前提となる法制度・助言内容

相談者から話を聞いてみると、パワハラといえども会議の場で、一度だけ、特定の人物と大声で言い合いになったという内容でした。
双方が言い合いになるような場面であれば、パワハラに該当するとも言い切れないうえ、仮に、該当するとしても、いずれかの人物ではなく、双方がパワハラに該当することになります。
そのような状況で、一方当事者のみを解雇をすることは、解雇権濫用法理(解雇には、客観的かつ合理的な理由と社会通念上の相当性が必要)に照らしても、相当性を欠く処分であると判断されるリスクが高すぎました。
ひとまずは、注意、指導をして、改善の機会を与えるなどをしたうえでなければ、重い処分を行うことはできないので、それでも改善されないという場合にはその証拠を収集して、処分に向けた手続きを進めるほかないと助言を行った。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます