初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

中途社員の募集にあたり、試用期間を設けるか、有期の雇用契約を締結すべきかというご相談

事例内容 相談事例
人事 採用
その他 その他
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

相談内容

中途の社員を募集していますが、①試用期間を設けた上で契約社員として雇用契約を締結するか、②雇用期間を2ヶ月限定の契約社員として雇用契約を締結するか迷っています。
会社の支給する賃金に見合った能力を有していれば問題ないのですが、賃金に見合わない能力の従業員の場合には、雇用契約を終了させたいのですが,①②どちらの契約を締結すべきでしょうか。

前提となる法制度・助言内容

ケースバイケースの判断とはなりますが、②の2ヶ月限定の有期の雇用契約を締結することをおすすめしました。雇止めの規制がかからない一年未満でかつ3回の更新がなければ、通常は2ヶ月の経過をもって雇用契約を終了させられるからです。
ただし、2ヶ月の有期の雇用契約としていても、実質的に試用期間の性質を持つ場合(有期の期間を設けた目的が従業員としての適性を判断するためのものであること、他の事例との比較で更新されることが通常である場合等)には試用期間であると判断される可能性があるため、新たに雇用する従業員との間で,実質的に試用期間であるかのような期待をさせないこと,雇用契約が期間の経過により終了することを明確に合意することをおすすめしました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます