初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

休職中の特別休暇取得申出について

事例内容 相談事例
休暇 休日 休暇
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

相談内容

休職中の従業員から特別休暇を取得したいとの申出がありました。
従業員の狙いとしては、休職中で賃金が発生しないため、特別休暇の付与により賃金を得たいというものです。
当該申出に応じなければならないものでしょうか。なお、就業規則上は、どのように取り扱うべきか明らかではありません。

前提となる法制度・助言内容

休職とは、雇用契約は存続させつつ就労義務を一時的に消滅させることをいいます。
そして、特別休暇は福利厚生として与える休暇であり、そもそも就労義務のあることが前提として定められているものと思われますので(就業規則等を確認してください。)、
休職中の従業員からの特別休暇付与の申出には応じる必要はないものと考えられます。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます