初回1時間電話・来所法律相談無料

0120-630-807

会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません 会社・経営者側専門となりますので労働者側のご相談は受付けておりません

人事・労務・労働問題を法律事務所へ相談するなら会社側・経営者側専門の弁護士法人ALGへ

事業譲渡に伴って労働契約を終了させる場合の対応

事例内容 相談事例
雇用 労働契約の終了 普通解雇 雇止め 合意退職
担当した事務所 ALG 東京法律事務所

相談内容

今回、ある事業所の運営について、事業譲渡をすることになりました。弊社としては、そこで働く従業員を譲渡先が雇用してくれるとありがたいのですが、譲渡先の会社として、従業員全員を雇用することは困難とのことです。弊社としては、この事業所の従業員に対してどのような対応を取ることがよいのでしょうか。

前提となる法制度・助言内容

今回のような場合においては、①貴社と従業員の労働契約を終了させ、従業員には譲渡先の会社と新たな労働契約を締結してもらう、②貴社が従業員を普通解雇とする、③貴社と従業員との間で退職合意をする、④貴社の別の事業所を勤務場所とするという4つの対応が考えられます。ここで、①について困難なのであれば、②以下の対応を取ることになるのですが、④が現実的に難しいのであれば、③従業員との間で退職合意を締結することがよいものと考えます。②の解雇となれば、後に従業員から解雇無効等を争われるリスクがあります。なお、③の退職合意とする場合でも、例えば、離職事由について「事業譲渡に伴う正当な理由のある自己都合退職」とすることで、退職した従業員が待機期間なく失業給付を受給できるように配慮し、合意による退職を目指すことになると考えます。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

事例内容
雇用

人事

労働

ハラスメント

休暇

求職・復職

就業規則

問題社員

安全衛生

労働組合・団体交渉

その他

担当した事務所
労働法務記事検索

労働分野のコラム・ニューズレター・基礎知識について、こちらから検索することができます